Felicity Life

この時代をラクに豊かに生きる!ゆとり世代の夫婦ブロガー。

huawei matebookの最大の特徴は薄さ。スマホメーカーの本気はすごい。

f:id:yo-lo:20170531233328j:plain
こんにちは。よーろです。
matebookを使って一ヶ月程が経ちました。トータルのバランスが良くてすっかり生活に溶け込んできました。
今回は、購入して一番感動した「薄さ、軽さ、小ささ」についてお伝えしたいと思います!

スマホメーカーの本気をみた

huaweiはスマホメーカーとして世界に知られているトップクラスのメーカーです。
数年前、ドコモなどで発売しはじめた頃は、本体がすぐ熱くなる、バッテリーが持たない、動きがもっさりしてくる。などなど正直いい印象はありませんでした。
しかし気づいた頃には、不満に感じていたそのほとんどが改善されていました。このスピード感があるからこそ急成長しているのかもしれません。
今では、SIMフリースマホを牽引するメーカーになり、高性能さも知られています。
そんなファーウェイが、matebookでノートパソコン分野に乗り込んできたわけです。

薄さがすごい

f:id:yo-lo:20170531232423j:plain
厚さは6.9ミリ。iPhone6sと比べてもこの薄さ!並べてびっくりiPhoneより薄かった・・・。
これがWindowsマシンですよ!
早速ですが、この薄さがもたらすメリットをあげていきたいと思います。

カバンの中でかさばらない

f:id:yo-lo:20170531232446j:plain
現在、常に通勤のカバンに入れて持ち歩いています。単体で持ち運べば、こんなにスッキリ収まります。
キーボードカバーを装着しても、十分コンパクトなノートパソコンと言えます。
私の場合、通勤電車内で使うことがメインなので、単体で持ち運ぶことが多くなりました。

持ったとき、スペック以上に軽く感じる

f:id:yo-lo:20170531233328j:plain
これはどのガジェットを持ったときでも感じるのですが、薄いと軽く感じます。
スペック上の重さは640グラム。
12インチなので、7インチタブレットあたりと比べるともちろん重たく、立って片手で操作するにはさすがに重たいんですが、座って両手で操作するなら問題なしです。

所有欲を満たしてくれる

f:id:yo-lo:20170531232517j:plain
Windowsを積んだマシンがこの躯体にギュッと詰まっている感が好きです。
いくらハイスペック超高性能マシンでも、野暮ったいハードだと気分は上がりません。
あと、iphoneのスペースグレイの金属感が大好きなんですが、MateBookも質感が似ていて美しいんです。ステキ。

薄さの他にも、いろいろすごい

画面占有率が高く、サイズ12インチPCとしてその小ささはトップレベルです。
そして、スピーカーが高音質です。私の場合はBGMを流しながらリビングで作業することが多いので、このサウンドは心地いいです。

気になるところ

唯一心配なのは耐久性でしょうか。こんなに薄いのでバキッと折れるんじゃないかヒヤヒヤしています。
今のところ、カバンの内ポケットにサッとそのまま入れているので、カバーで保護する必要があるなと感じています。

まとめ

f:id:yo-lo:20170520184846j:plain
通勤などで、常に持ち歩くことを想定していて、荷物をコンパクトにしたい方にはもってこいのWindowsタブレットと言えます。
また、タブレットとして動画やネットサーフィンももちろん快適にできちゃってます。(そもそもタブレットとして使わないならノートPCのが良いですからね)